FC2ブログ

大江戸の共生とは

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

7月26日
江戸時代の「しぐさ(思草)」と言う言葉、現代流に言うアクションです。この江戸しぐさの「しぐさ」を、漢字にすれば「思草」と書きます。“思”は思案・思慮・思想の意味で、“草”は行為・アクションの事です、“その言い草は何だ”とか言う時の“草”と同じ使い方です。
つまり「思草」とは、その人が培ってきた考え方や思いが、その場その場で咄嗟に表れる「心構え」そのものです。日頃の心構えは、目つき・表情・物の言い方・身のこなし方などに、恐ろしいほど其の儘出て仕舞うものです。
では、前日まで上述したものに準じて江戸庶民の哲学とも言えるアクションを学習しましょう。

『お付き合い・人間関係』

封建時代といわれる江戸時代。しかし、江戸の町衆たちは見知らぬ人も仏の化身と考え、対等な付き合いを心掛けた。
礼儀正しく、しかもプライバシーを侵さず、良い市民生活が定着していた。江戸の町はルールを守ればとても住みよい町だった。現代にも通じる人間関係の達人たちの知恵から学ぶものは多い。

「八度の契り」/たとえ一目惚れした相手でも、八回の困難な約束を果たした後で、初めて本名を名乗りあう。人と人との関係は大変はかないものだから慎重に付き合った方が良い。名前にしてもそんなに安易に名乗ったら後で災難が及びかねないと言う戒めです。現代で言えば、やたらに名刺を配るのは如何なものか。

大江戸の共生とは

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

7月25日
江戸時代の「しぐさ(思草)」と言う言葉、現代流に言うアクションです。この江戸しぐさの「しぐさ」を、漢字にすれば「思草」と書きます。“思”は思案・思慮・思想の意味で、“草”は行為・アクションの事です、“その言い草は何だ”とか言う時の“草”と同じ使い方です。
つまり「思草」とは、その人が培ってきた考え方や思いが、その場その場で咄嗟に表れる「心構え」そのものです。日頃の心構えは、目つき・表情・物の言い方・身のこなし方などに、恐ろしいほど其の儘出て仕舞うものです。
では、前日まで上述したものに準じて江戸庶民の哲学とも言えるアクションを学習しましょう。

『お付き合い・人間関係』

封建時代といわれる江戸時代。しかし、江戸の町衆たちは見知らぬ人も仏の化身と考え、対等な付き合いを心掛けた。
礼儀正しく、しかもプライバシーを侵さず、良い市民生活が定着していた。江戸の町はルールを守ればとても住みよい町だった。現代にも通じる人間関係の達人たちの知恵から学ぶものは多い。

「無理は禁物」/理屈の合わない事を推し進めれば、それは無理と言うもの、容器は一定の量しか入れられないし、棚は重量が嵩めば撓るか、折れる。何事も無理をすれば必ず歪んだり壊れたりする。人間は病気になる。無理をしてはいけないということ。

大江戸の共生とは

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

7月24日
江戸時代の「しぐさ(思草)」と言う言葉、現代流に言うアクションです。この江戸しぐさの「しぐさ」を、漢字にすれば「思草」と書きます。“思”は思案・思慮・思想の意味で、“草”は行為・アクションの事です、“その言い草は何だ”とか言う時の“草”と同じ使い方です。
つまり「思草」とは、その人が培ってきた考え方や思いが、その場その場で咄嗟に表れる「心構え」そのものです。日頃の心構えは、目つき・表情・物の言い方・身のこなし方などに、恐ろしいほど其の儘出て仕舞うものです。
では、前日まで上述したものに準じて江戸庶民の哲学とも言えるアクションを学習しましょう。

『お付き合い・人間関係』

封建時代といわれる江戸時代。しかし、江戸の町衆たちは見知らぬ人も仏の化身と考え、対等な付き合いを心掛けた。
礼儀正しく、しかもプライバシーを侵さず、良い市民生活が定着していた。江戸の町はルールを守ればとても住みよい町だった。現代にも通じる人間関係の達人たちの知恵から学ぶものは多い。

「目立ちたがりや」/自分だけが人の注目を浴びようとするしぐさ。今の若い世代は、お互いに遠慮し合って、一人だけ飛び抜けることを嫌うと言うが、結局は何事も進まなくなる恐れがある。かといって、皆で力を合わせてやった仕事を一人だけの手柄にしたり、派手に世間に触れ回るのも嫌われます。

大江戸の共生とは

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

7月23日

『お付き合い・人間関係』

江戸時代の「しぐさ(思草)」と言う言葉、現代流に言うアクションです。この江戸しぐさの「しぐさ」を、漢字にすれば「思草」と書きます。“思”は思案・思慮・思想の意味で、“草”は行為・アクションの事です、“その言い草は何だ”とか言う時の“草”と同じ使い方です。
つまり「思草」とは、その人が培ってきた考え方や思いが、その場その場で咄嗟に表れる「心構え」そのものです。日頃の心構えは、目つき・表情・物の言い方・身のこなし方などに、恐ろしいほど其の儘出て仕舞うものです。
では、前日まで上述したものに準じて江戸庶民の哲学とも言えるアクションを学習しましょう。
封建時代といわれる江戸時代。しかし、江戸の町衆たちは見知らぬ人も仏の化身と考え、対等な付き合いを心掛けた。
礼儀正しく、しかもプライバシーを侵さず、良い市民生活が定着していた。江戸の町はルールを守ればとても住みよい町だった。現代にも通じる人間関係の達人たちの知恵から学ぶものは多い。

「無理押し」/そうするだけの理由がなく、筋道も通っていないのに、相手の意思を無視して無理に押し付ける。本来、お互いに対等な関係で商売をしている訳だから納得ずくで物事を運ぶのが理に適っていた。

大江戸の共生とは 

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

7月22日

“江戸の庶民生活に学ぶもの”

江戸時代の「しぐさ(思草)」と言う言葉、現代流に言うアクションです。この江戸しぐさの「しぐさ」を、漢字にすれば「思草」と書きます。“思”は思案・思慮・思想の意味で、“草”は行為・アクションの事です、“その言い草は何だ”とか言う時の“草”と同じ使い方です。
つまり「思草」とは、その人が培ってきた考え方や思いが、その場その場で咄嗟に表れる「心構え」そのものです。日頃の心構えは、目つき・表情・物の言い方・身のこなし方などに、恐ろしいほど其の儘出て仕舞うものです。
では、前日まで上述したものに準じて江戸庶民の哲学とも言えるアクションを学習しましょう。

『お付き合い・人間関係』

封建時代といわれる江戸時代。しかし、江戸の町衆たちは見知らぬ人も仏の化身と考え、対等な付き合いを心掛けた。
礼儀正しく、しかもプライバシーを侵さず、良い市民生活が定着していた。江戸の町はルールを守ればとても住みよい町だった。現代にも通じる人間関係の達人たちの知恵から学ぶものは多い。

「むくどり」/椋鳥と書く。物の言い方(会話のエチケット)を知らない人を指した。椋鳥はどこからともなく群れを成して飛んで来て餌を啄ばみ、それが無くなると、又群れを成して飛んでいくところにちなんでいろ。江戸では、椋鳥のことばは世の中を刺々しくすると言って忌み嫌われる。椋鳥は「人間よりモノや金」を大事にするので、江戸っ子の発想とは違い、受け入れられないとした。
方言や訛りを気にする前に先ず考え方を変えることが先決だった。生態学的にも椋鳥の集団発生は嫌われています。
プロフィール

ゼン住販

Author:ゼン住販
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    名言

    地球の名言 -名言集-

    検索フォーム
    QRコード
    QR