FC2ブログ

日本の名文・名文句

声に出して読み上げてみたくなる言葉を拾ってみました。リズミカルにテンポよく諳んじて下さい。そこには例え様のない心の活力が湧いてきますよ!

「方丈記」    鴨長明

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし。
たましきの都のうちに、棟を並べ、甍(いらか)を争へる、高き、いやしき、人の住ひは、世々を経て盡(つ)きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔しありし家は稀なり。
或は大家(おおいえ)亡びて小家(こいえ)となる。住む人もこれに同じ。所も変わらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中(うち)に、わづかにひとりふたりなり。
朝に死に、夕(ゆうべ)に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。

{鴨長明は人の身と栖の儚さをテーマにしている。栖はこの世における人間の居場所のこと。その昔、日本の住居は木造故に災害時の弱さを長明自身経験しているが、敢て長明は一丈四方(四畳半)詰り方丈の庵に閑居し、儚さに徹する美学といえる。}
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゼン住販

Author:ゼン住販
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    名言

    地球の名言 -名言集-

    検索フォーム
    QRコード
    QR