スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の名歌

日本人にとって心の歌でもある、抒情歌を口ずさんでみませんか。或いは心に沁みる懐かしい歌詩を諳んじては如何ですか、過ぎし日のことが思い出されますね。

“夏の思い出”

夏がくれば 思いだす
はるかな尾瀬 遠い空
霧の中に うかびくる
やさしいかげ 野のこみち
みずばしょうの花が さいている
夢みてさいている 水のほとり
しゃくなげ色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏が来れば 思いだす
はるかな尾瀬 野の旅よ
花の中に そよそよと
ゆれ ゆれる 浮島よ
みずばしょうの花が におっている
夢みてにおっている 水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空
スポンサーサイト

日本の名歌

日本人にとって心の歌でもある、抒情歌を口ずさんでみませんか。或いは心に沁みる懐かしい歌詩を諳んじては如何ですか、過ぎし日のことが思い出されますね。

“夏の思い出”

夏がくれば 思いだす
はるかな尾瀬 遠い空
霧の中に うかびくる
やさしいかげ 野のこみち
みずばしょうの花が さいている
夢みてさいている 水のほとり
しゃくなげ色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏が来れば 思いだす
はるかな尾瀬 野の旅よ
花の中に そよそよと
ゆれ ゆれる 浮島よ
みずばしょうの花が におっている
夢みてにおっている 水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空

日本の名歌

日本人にとって心の歌でもある、抒情歌を口ずさんでみませんか。或いは心に沁みる懐かしい歌詩を諳んじては如何ですか、過ぎし日のことが思い出されますね。

“夏の思い出”

夏がくれば 思いだす
はるかな尾瀬 遠い空
霧の中に うかびくる
やさしいかげ 野のこみち
みずばしょうの花が さいている
夢みてさいている 水のほとり
しゃくなげ色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏が来れば 思いだす
はるかな尾瀬 野の旅よ
花の中に そよそよと
ゆれ ゆれる 浮島よ
みずばしょうの花が におっている
夢みてにおっている 水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空

「思い出の歌」

 
日本人にとって心の歌でもある、抒情歌を口ずさんでみませんか。或いは心に沁みる懐かしい歌詩を諳んじては如何ですか、過ぎし日のことが思い出されますね。

“空よ” 作詞・作曲 難波寛達

空よ 水色の空よ
雲の上に 夢をのせて
空よ 私の心よ
想い出すの 幼い日を
故郷の野山で
初めて芽ばえた
あどけない二人の
小さな愛
空よ 教えてほしいの
あの娘は今 どこにいるの
故郷の野道で
硬く手をにぎった
あの頃の二人の 小さな愛
空よ 教えてほしいの
あの娘は今 どこにいるの

昭和45年

日本の名歌

日本人にとって心の歌でもある、抒情歌を口ずさんでみませんか。或いは心に沁みる懐かしい歌詩を諳んじては如何ですか、過ぎし日のことが思い出されますね。

“花”
 作詞:武島羽衣  作曲:滝廉太郎

春のうららの 隅田川
のぼりくだりの 船人が
櫂のしずくも 花と散る
ながめを何に たとうべし

見ずやあけぼの 霧あびて
われにもの言う 桜木を
見ずや夕ぐれ 手をのべて
われさしまねく 青柳を

錦おりなす 長堤に
暮るればのぼる おぼろ月
げに一刻も 千金の
ながめを何に たとうべき

明治33年11月、「歌曲集四季より」
プロフィール

ゼン住販

Author:ゼン住販
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
淡々と百人一首
    名言

    地球の名言 -名言集-

    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。